立山黒部エリアサイト

ALPINE ROUTE

6

ALPINE ROUTE

6

立山黒部アルペンルート

3000m級の立山連峰を横断する人気の山岳観光ルート・立山黒部アルペンルート。入り口は富山県側立山駅と長野県側扇沢駅があり、6つの乗り物を乗り継ぎながら北アルプスの絶景を楽しむことができます。

Tourism

見どころ

自然環境に優しい多彩な乗り物

6つの乗り物

総延長37.2km、高低差1975mの立山黒部アルペンルート。立山ケーブルカー、立山高原バス、立山トンネルトロリーバス、立山ロープウェイ、黒部ケーブルカー、電気バスという珍しい6つの乗り物を乗り継いで横断し、車窓からは大自然の景色が楽しめます。

電話
076-432-2819(立山黒部貫光)
URL
https://www.alpen-route.com/index.php

落差日本一を誇る名瀑を眺めよう

称名滝

称名川の上流にかかる大滝で、落差350mは日本一。美女平駅と室堂駅間を走行する立山高原バスの車窓から眺められ、鑑賞ポイントではバスが1分ほど停車します。間近に鑑賞する場合は立山駅から称名滝探勝バスに乗り、称名滝バス停から徒歩30分ほどで滝見台園地に到着。

電話
076-462-1001(立山町観光協会)
URL
http://kanko.town.tateyama.toyama.jp/pub/

鳥のさえずりを聞きながら森林浴

美女平

美女平は巨木やブナの原生林が広がり、森林浴が楽しめます。3つのトレッキングコースが整備され、トレッキング初心者には不老樹など巨木に出合える内回りコース(所要約1時間15分)がおすすめ。野鳥の楽園としても有名で、新緑の季節には鳥のさえずりが聞こえます。

電話
076-432-2819(立山黒部貫光)
URL
https://www.alpen-route.com/index.php

高山植物が揺れる湿原をハイキング

弥陀ヶ原

標高1930mの弥陀ヶ原は大日連峰を望む広大な高層湿原。弥陀ヶ原周遊コースが整備され、トレッキング初心者には内回りコース(所要約40分)がおすすめです。湿原に敷かれた木道を歩いていくと可憐な高原植物と出合え、「ガキ田」と呼ばれる池塘が見られます。

電話
076-432-2819(立山黒部貫光)
URL
https://www.alpen-route.com/index.php

アルペンルート最高所にある一大拠点

室堂ターミナル周辺

標高2450mという日本一高所にある鉄道駅。レストランやホテル、売店、立山山頂簡易郵便局が併設され、山岳観光の一大拠点となっています。周辺には立山玉殿の湧水や、雄山神社に登拝する人たちの宿坊として建てられた山小屋・立山室堂といった見どころもあります。

電話
076-432-2819(立山黒部貫光)
URL
https://www.alpen-route.com/index.php

立山連峰と湖を眺めてトレッキング

みくりが池・地獄谷

みくりが池の周りに散策路が整備された室堂平は立山黒部アルペンルートのハイライト。室堂平ターミナルから石畳の遊歩道を歩いてみくりが池を周遊するコース(所要約1時間)と、白煙が噴き出し、荒涼とした地獄谷まで足をのばすコース(所要約2時間)があります。

電話
076-432-2819(立山黒部貫光)
URL
https://www.alpen-route.com/index.php

岩壁の駅はルート屈指の絶景スポット

大観峰

標高2316mに位置し、立山連峰東斜面に立つ大観峰駅。展望台からは正面に後立山連峰が、眼下にはタンボ平や黒部湖が眺められ、アルペンルート屈指の絶景スポットです。黒部平駅間をつなぐ立山ロープウェイの車窓からも絶景が楽しめ、特に紅葉シーズンの眺めが美しい。

電話
076-432-2819(立山黒部貫光)
URL
https://www.alpen-route.com/index.php

谷あいの展望地から山々を見上げる

黒部平

標高1828mにある黒部平は大観峰と黒部湖の中継地点。富山側には立山連峰、長野側には後立山連峰がそびえています。秋になると立山連峰側のタンボ平は色鮮やかな紅葉樹で埋め尽くされる一方、後立山連峰は紅葉が少ない針葉樹が多く、景色の違いも見どころになっています。

電話
076-432-2819(立山黒部貫光)
URL
https://www.alpen-route.com/index.php
Experience

立山黒部で体験

アルペンルートに春を告げるイベント

雪の大谷ウォーク

高原バス道路がブルドーザーで除雪されると、500mにわたる道の両側に巨大な雪壁が出現し、「雪の大谷」と呼ばれています。雪壁の高さは20mにも迫る部分も!立山黒部アルペンルート開通直後の4月中旬~6月中旬にかけて、道の片側をウォーキングすることができます。

電話
076-432-2819(立山黒部貫光)
URL
https://www.alpen-route.com/index.php

雄山山頂から室堂平を一望しよう

登山体験

立山黒部アルペンルートの最高地点にある室堂ターミナルを拠点に登山体験ができます。初心者向けは、一ノ越を経て雄山山頂を目指すコース(往復平均4時間)。一ノ越から雄山山頂までは急斜面の岩場を昇ります。事前に天気を確認し、登山にふさわしい服装を選びましょう。

電話
076-432-2819(立山黒部貫光)
URL
https://www.alpen-route.com/index.php
Food

美味しいもの

サクッと食感&香ばしさがたまらない

白海老から揚げ丼定食

体長6cmほどで、上品な甘さが特徴の白海老。漁業が成立するほど大量に獲れるのは世界中で富山湾だけです。室堂ターミナルに併設されたレストラン立山では、白海老の唐揚げ丼に郷土料理のさらら汁が付いた定食が人気。サクサク食感の白海老唐揚げに甘めのタレが好相性です。

電話
076-432-2819(立山黒部貫光)
URL
https://www.alpen-route.com/index.php

立山黒部の「春の風物詩」をイメージ

雪の大谷カレー

春になると、室堂に出現する雪壁「雪の大谷」をイメージしたビーフカレー。高さ20mに及ぶ雪壁を皿の両端に盛られたライスで表現しています。ルーはコクが深く、ピリッとした中辛。温泉卵をまぜながら味わうとまろやかさがプラスされます。レストラン黒部平で提供。

電話
076-432-2819(立山黒部貫光)
URL
https://www.alpen-route.com/index.php

直径13cmのビッグシフォン

黒部ダムシフォンケーキ

ビックサイズのシフォンケーキは、黒部ダムをイメージしています。立山の湧水を使用した水出しコーヒーとの相性も抜群です。ホテル立山内ティーラウンジりんどうで提供。

Course

おすすめの歩き方

Start!

1

室堂ターミナル

標高2450m、日本一高所にある鉄道駅。レストランやホテル、売店、郵便局が併設され、山岳観光の一大拠点です。

2

立山玉殿の湧水

立山トンネルの掘削工事時に発見された、断層破砕帯より噴出する湧水。水温は年間を通して2~5℃です。

3

室堂山展望台でランチ

室堂ターミナルで買った登山用おにぎりやお菓子を食べて休憩しましょう。展望台からは室堂平や立山カルデラを一望。

4

みくりが池の周りをトレッキング(徒歩で約40分)

みくりが池展望台からは池の向こうに立山がそびえて見え、群青の湖面に山々が映し出される様はまさに絶景!

Goal!

ACCESS